企画展

Home > 企画展

2022となみチューリップフェア特別展 写真展「138億光年 宇宙の旅」

会 期
2022/4/9(土)~6/8(水)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
※2022となみチューリップフェア期間中(4/22~5/5)は 8:30~17:30
※フェア期間中は、「138億光年 宇宙の旅」のみのご入場はできません。 2022となみチューリップフェアにご入場の上、ご来館ください。
休館日
4/20(水)、21(木)
5/6(金)、7(土)、9(月)、23(月)
会 場
1階企画展示室
2階常設展示室2・3
料 金
一般1,000円
18歳以下500円
未就学児、障がい者(介助者1名を含む)無料
※フェア期間中は2022チューリップフェアにご入場いただくと無料で観覧できます。
※「138億光年 宇宙の旅」観覧券で、2022となみチューリップフェアへはご入場できません。
 NASA(アメリカ航空宇宙局)の画像を中心に、観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡等がとらえた美しく驚異的な天体写真を選りすぐってご紹介します。太陽系から、銀河系内の星雲や星団、そしてさらにその先にある無数の銀河や銀河団など、多様な天体の姿を大型の高品位銀塩写真プリントでご覧いただきます。
 また本展は、すばる望遠鏡、アルマ望遠鏡など国立天文台関連の大型望遠鏡による観測成果の一部を交えてご紹介する貴重な機会となります。
 サイエンスでありながらアートのごとく見る者を魅了する画像の数々。宇宙の謎や神秘を紐解く人間の英知や科学技術発展の素晴らしさをご体感ください。
チラシ裏はこちらです

【関連イベント】

【講演会】要観覧券
講師:渡部潤一氏(国際天文学連合 副会長、本展監修者)
日時:5月14日(土)午後2時~ 
定員:80名 要事前申込
申込期間:4月15日(金)~30日(土)まで
・砺波市美術館ホームページの専用フォームよりお申し込みください。詳しくはこちら
場所:市民ギャラリー



【主催等】
主催:砺波市、公益財団法人砺波市花と緑と文化の財団・砺波市美術館、一般社団法人砺波市観光協会
監修:渡部 潤一(国際天文学連合 副会長)
後援:となみ衛星通信テレビ、エフエムとなみ、となみ芸術文化友の会
協力:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台、富士フイルム株式会社
企画制作:クレヴィス
企画協力:岡本 典明(サイエンスライター)